突然糖尿病が原因で倒れた母

突然糖尿病が原因で倒れた母

70歳を過ぎた高齢の母が突然倒れてから、2年が経ちます。2年前の冬、昏睡状態に陥り意識がなくなった母は、救急車で運ばれました。そして、医師から告げられた病名は糖尿病だったのです。驚きました。まさか糖尿病だとは思いませんでした。1型糖尿病と診断され、しばらく入院となりました。
倒れるまでは、普通に生活していました。ですが、食欲はあるのに一向に太らないのでおかしいなと思っていました。寧ろ、どんどん痩せていく感じがありました。また、やたら口が渇くようです、物凄く水分を摂っていました。そして、やたら頻尿になりました。水分を大量に摂るからだと当時の母は言っていましたが、それも糖尿病の症状の一つだったようです。
糖尿病は、インスリンが欠乏するため、食べ物の栄養や水分を体に吸収することができなくなるのだそうです。そのため、吸収されなかった栄養や水分はそのまま出てしまうので、どんなに食べても太ることはなく、トイレも頻繁に行くようになってしまうのだそうです。お気軽にご相談ください横浜市 糖尿病とても安心です

 

現在は退院し、また家で生活ができるようになりましたが、定期的な通院と、毎日のインスリン注射は欠かせません。